IMG_1961
IMG_1962
IMG_1963
IMG_1964
IMG_1965
IMG_1966
IMG_1967
IMG_1968
IMG_1969


IMG_1924
昨日、東北シニアと女子の選手権が仙台で開催され選手2名を連れて行ってきました
福大ユウキとカヤノ様の結果は如何に



ユウキ初日3R RSC勝ち
青森はヒロジム所属の超ハードパンチャーと激突。
相手のワイルドな強打に肝を冷やしましたが、しっかりブロック&プレスでペース自体は取ってました。
打っても打ってもガードを上げながら近づいて来るユウキに段々とパワーダウンする相手選手。
逆に台風のように攻め手を強くするユウキに飲み込まれ始める展開に。
最終ラウンドに捨て身のラッシュを仕掛けてきたものの、ユウキも折れない心と豊富なスタミナで応戦。
なんとか凌いでいた相手も、ユウキの飛び込みの右ストレートと連打に観念したように動きが止まり、最後は連打×2でRSC
勝った瞬間、喜びを爆発させて泣きながら戻ってきたユウキ。
褒めてやりたかったものの明日もあるので、泣くなと怒りました(笑)




ユウキ決勝3R RSC勝ち
初戦で福島郡山の選手を破った青森の選手との決勝。
高校3年間ボクシングを経験した長身選手でしたが、既に作戦もしっかり決まっており優勝する気満々でリングへ。
予想通り、距離の長い綺麗なボクシングを展開する対戦相手でしたがしっかりブロック&プレス!
相手選手も上下の打ち分けやキレのあるパンチを見せてはいたものの、ゾンビ並みの耐久力を前に次第に乱れ始める。
後半に入り、足が止まって、もはやホールディングしか凌ぐ術がなくなった対戦相手を遂に捕まえます。
クリーンノックダウンではなかったものの、離れ側のパンチで足がもつれてファーストノックダウン。
再開後、ダッシュアンドラッシュで追いかけ回すユウキに、既にホールディングで注意を3回受けていた相手選手も足を止めて打ち合ったもののユウキの猛連打の前に遂にストップでRSC!!
本当に本当に良くやってくれました
これから公務員になるべく死ぬほど勉強が必要な彼が、全てを賭けて臨んだ最後の舞台。
公式戦デビューとスパーリング大会で格上選手相手に連敗を味わい、それでも腐らず直向きに練習した成果だと思います。
経験上の相手2人に2連続RSCして東北シニアタイトルを獲得と最高の結果に終われたと思います
おめでとう血の滲むような努力をいつも近くで見せてもらってた僕は涙がでるくらい嬉しかったです。





カヤノ様決勝2-3SD判定負け
山形出身、日体大所属の選手にチャレンジ!!
相手の選手は練習を見ていた通りの動きで、基本がしっかりしている印象。
中間距離でのコンビネーションに度々捕まるものの、遠い間合いで落ち着いて相手の動きを見ての右ストレートで応戦。1回は互角か、やや取られた印象。
2回になると、右ストレートの数を増やして先手を取っていく。何度か効かした場面も作って接近戦では手数で優位に立つ。
ポイントは2Rは明白に取れたものの、スタミナを大分ロスしてしまった。
3回、いきなりストレートから仕掛けて攻勢に立つものの相手のくっついて休む技術と、右ストレートを前に外す技術に右ストレートを殺され始め、遂にガス欠。
それでも右ストレートをクリーンヒットさせ効かせた場面は作ったが、離れ側気を抜いたところにまとめてもらってスタンディングダウン
辛くも試合終了まで持ち込んだが判定2-3で判定負け。
最後、スタミナが切れたのは相手の技術に対して力でねじ伏せようとして失敗した結果。対処法を教えてやれなかった僕の責任です
しかしながら、試合でしか経験できない展開を東北で経験できたのは良かったかな…。
少しの差を埋められるか?変われるか?
埋められるし、変われると思います。
自分や周りが思ってるより、もっともっともっと強いはず!!全日本まで頑張ろう。




総評
福島県からはシニア、女子ともに多くの選手が参加して、4人の東北チャンピオンが生まれました
会津工業のヒマワリちゃんが試合を通して成長していく姿はとても素晴らしかったです勝てないことで、ボクシングが嫌になっていたようですが、ボクシングの1番楽しい部分を知れて更に成長するかな?期待してます
今回、野宮ジムの選手の試合だけでなく、福島県の全ての試合のサブセコンドにつかせて頂きました
が…カヤノの呼吸をコントロールできなかったり、水をぶちまけたり、数々の粗相があり大変ご迷惑をお掛けする結果となってしまいました。
セコンドもまだまだ、五流だなぁ…。
更に初日は寝坊で集合時間に遅刻し、選手関係者の皆様には本当に大変ご迷惑をお掛けしました。申し訳ありませんでした。
クヨクヨナヨナヨしていてもしょうがないですし、僕はUJ以外の公式戦行事に今後あまり携わる事はありませんが、今回を教訓にもっともっと皆様の力になれるよう努力していきますのでよろしくお願い致します。


オマケ
IMG_1922
演技の部でイケイケの小学生のパンチを受ける酔拳使いの東北シニア絶対王者阿部さん(笑)


IMG_1815


先鋒ハルト
パンチを当てない約束マスをヒロジムさんの高校生と2R行った後、
秋田県のキックボクシングジムの大人の選手と対戦!
いきなり右をクリーンヒットさせたものの、相手も負けん気が強く反撃してくる展開。
力を抜いたボクシングをさせたかったものの、ガチガチで距離も全く合ってなかったのでプランBの打ち合いへ変更!!
クリーンヒットさせては殴り返されるどつき合いの展開のまま2Rへ。
だいぶ疲れが見えたものの、右をクリーンヒットさせた後に畳み掛けてダウン奪取!
相手選手もあきらめず、再び打ち合いへ。
フラッフラになりながらも、打ち合い続けそのまま試合終了。判定へ。
見事判定勝利でデビュー戦を飾りました!!
やらせたい事は1ミリもできてなかったけど、はじめての試合はこれで良し!素晴らしい気合いを見せてもらいました。






中堅カヤノ様
青森の、これまた会長の先輩が主宰するチャンプスポーツジムさんのライト級を主戦場とする全国女子選手にチャレンジ!
鋭い右ストレートを好打し、中間距離でも接近戦でも先手先手。
組み合いや押し合いでも全く当たり負けせず、フィジカルの強さも発揮。何よりこの展開で無駄打ちせず、相手のスタミナをロスできたのが大きかった。
相手選手の左フックをヒットされる場面もあったり、疲れた場面もあったが、それぞれ試合中に修正が出来、見事判定勝利!
今やっている事と、これまでやってきた両方確認できた素晴らしい内容でした







副将ユウキ
ここでトラブル発生!
カヤノ様のサブセコンドについてもらっていたハルトが熱中症でダウン
沢山の関係者の皆様に処置していただき、頭痛や意識障害などなかったものの、吐き気や脱力があり、一応救急車へ。
病院に担ぎ込まれる一歩手前だったものの、容態が回復した為、とりあえず車でゆっくり冷やして休ませることに。
ということで、ハルトに付き添っていた為ユウキの試合は見れず
試合結果は、東北シニア絶対王者に頑張ったものの判定負け
スパー大会とはいえ、勝てば嬉しいし、負ければ悔しいのは当たり前。
問題は本番の公式戦までこの敗戦と向き合って考えられるか
頑張れユウキ!!!




大将チャカ男
野宮ジムの大トリを務めたのは、僕の中学の同級生チャカ男っ!
今大会主宰のヒロジムさんの選手と激突!!
サウスポーにセコンドの僕含め、大いに戸惑い距離が合わない展開
上手な左ストレートを綺麗にヒットされながらも、段々とパワー差で優位に立っていく。
今回は熱くなってよく出す、首投げも裏拳も出さず、迫力のある攻めで相手選手を削っていき2Rに2度ダウンを奪い見事RSC勝利!
これでスパー大会3連勝!そして始めて頭はクールに攻められたかな?



IMG_1814
IMG_1812
IMG_1821
今回、僕のヒロジムさんのスパー大会に行きいんじゃっ!という僕のわがままについてきてくれた4人…。
凄い長距離の移動。高い自己負担。2日に渡ってスケジュールを丸々空けると決して楽ではないことでしたが、
ヒロジムの皆様は毎年同じ想いをして福島に足を運んでいただいてた事を考え、本当に恐縮しました。
そして、今大会でうちの選手は僕の期待以上の頑張りを見せてくれました。
そして、お金や時間には変えられない大切なものを得られたと思います。






ちなみに…
IMG_1825
今回のファイトで高校生MVPと一般女子MVPのりんごジュースを頂いた2人




IMG_1826
チャカさんはナイスファイト賞






IMG_1827
なんもなーーーしっっっ(笑)!
東北シニアの賞状待ってるよ
どんな試合でも負けちゃだめ!だけど負けを無駄にするやつはもっとだめ!



IMG_1824
更に更に!!
野宮会長の2つ上の先輩、村岡選手からねぶた絵を頂きました!!
僕を含めてみんなバカなので、広げた時にみんなで凄い!とかやばい!とかしか出ませんでしたが、ほんとみんなで見入ってしまいました
ショー先輩ありがとうございました!!!
とまぁ、このような具合に沢山の賞も頂けて感無量です



タカ駄トレーナー大会総評
古川の阿部さん強すぎ!!書けって脅されたので。

冗談抜きで技術レベルの高さもそうですが、各選手の気持ちの強さが沢山見えました。
負けたくないとかではなく、勝ちに行くんだという気持ちが実感できました。
そういった気持ちの面でお手本になる選手が沢山いました
僕も負けずに頑張ります指導の方で
最後に、ハルトの救護にご尽力いただいた関係者の皆様。
本当にご心配とご迷惑をおかけしました。そして、ありがとうございました。
今後このような事がないよう、私も選手もより一層体調管理気をつけて参ります。

↑このページのトップヘ