こんばんはっ
大分間が空いちゃいました
今週末に行われる高校生と中学生の東北大会の準備に周りを巻き込んで奔走に次ぐ奔走。
今日の今日まで擦った揉んだ擦った揉んだしまくってまだ用意が終わってません
協力していただいてる保護者、諸関係者の皆様、本当に助かってます。ありがとうございます
時間的余裕があればもっともっと落ち着いてできた事も沢山あったと思います。
大変ご迷惑おかけしましたが、来年以降この経験を糧に出来るよう努力したいと思います



それはさておき、今日は公式戦に出る子達以外の子達に少しフォーカスしてジムの様子をお伝えしたいと思います



IMG_1302
新たに入会した小学二年生のヒロミチくん
僕の唯一無二の親友と同じ名前だ
学校でエネルギーがありあまっているとの事でお母さんに連れられて来て、入会してくれました
まだまだ挨拶や返事も恥ずかしくてできないけれど、これから先輩達を見習って逞しく育ってくれると思います


IMG_1304
つかっちょ先輩とじゃんけんを入れたコーディネーショントレに励むひろみちくん
お母さんにも練習から帰ってくれると「楽しかったぁ」と言ってくれるそう
ボクシングのトレーニングは楽しい練習ばかりじゃありませんが、低学年層の子達にはボクシングをまじえて楽しく身体を動かす事を心がけて指導してます



IMG_1303
来年から試合に出そうか思案中の2人。
つかっちょ先輩と新入会員のセイゴくん
つかっちょは誰かさんに似てボクシングはイマイチなのにミット持ちがめちゃうまいです(笑)
セイゴはボクシングという競技を純粋に好いてやっているのが教えていて凄く伝わります
センスやらパンチ力なんかより、ボクシングが好きという気持ちがボクシングを続ける上でなによりも大事だと思うし、強くなるために必要なものだと思います
同学年の2人ですが、始めたばかりのセイゴが頑張っているのを見てつかっちょも何か思うところがあるようで平日もちょいちょい来て頑張ってます





IMG_1313
大柿三兄妹の末っ子三男坊リントは練習後は相変わらずフリーダム(笑)
練習終わると、こんな感じですが、
小学1年生とは思えない集中力で練習に励んでます。
僕もボクシング始めたのは兄貴の影響でしたが、いつしか僕の方がドップリはまってました。
リントもスパー大会で活躍する、お兄ちゃんお姉ちゃんよりもっともっとボクシングを好きになって強くなってね



IMG_1296
こちらは小6トラノスケと、中学生のフウト
2人ともキャリア初期は実戦でこっぴどくやられて泣いたりとかありましたが、頼もしくなってきました
トラはパンチアイというパンチ恐怖症に近い感じだったんですが、この前の山形との合同練習では公式戦選手相手に互角の内容で実戦ができました
フウトは3月にスパー大会に初出場初勝利を収めてから、なかなかジムに来れない時期もありましたが最近また頑張ってくれてます
2人ともセンスなんかは先輩達に全然負けていませんが、一歩先に自分から踏み出して行く勇気があれば更に一気に強くなると思って見てます
僕は本当はキッズは1人残らず公式戦に出して、高校生になる頃には福島を背負って立つ選手になって欲しいと思ってます。
が…大人子供関わらずボクシングとの付き合い方は人それぞれ。
僕が選手になってよぉーって頼むのもおかしな話だと思うので、公式戦に出て戦いたいと自分から言ってくれる子がどんどん増えてくれればなと思ってます



IMG_1310
会長のブログにもありましたが、一年生の時点で師匠の僕の遥か上を行くレンマさん(笑)の看板
北高挙げてご協力頂いており、大変恐縮です
ジムの方で宮崎開催のインターハイへの激励金を募っておりますが、既に沢山の方から頂いておりますが、
皆さんの気持ちを無駄にしないように一分一秒大切に練習ができるよう頑張ってほしいなと思ってます









ジムの話題は以上なのですが、帰って録画で見ました井岡選手の世界戦
ネタバレ対策は万全だったと思ったのに、会長が終業報告にネタバレ返してきてビックリしました(笑)
全日本チャンプのカウンターは鋭いじゃないよやめてよ(笑)
僕の予想は井岡選手がパリクテのサイズと強打に入っていけずジリ貧になって出て行ったとこに強打を食らってKO負けか、ジリ貧のまま終わって変な判定で判定勝ちor普通に負けかなとか思ってたんですが…


本当に見事以外の言葉が見当たらない勝利でした
負けると思ってて申し訳ありませんでした。


肉を切らせて骨を断つではなく、命を削って首を狩るような戦いでした。
井岡選手も試合後語ってましたが、パリクテ選手のサイズとパンチ力はどう見ても尋常じゃなかったですし冷静にすかしたりガードする場面もありましたが、被弾する場面ももちろんありました。
だけど、パンチを距離で外すのではなくインサイドのボディワークとステップワークの両方で外して、要所要所で有効打を決めて、見事に決め切りました。
倒して喜ぶ彼を見て、じじい化して脆くなった涙腺が崩壊しそうになりました
井岡選手の1番井岡選手らしくない部分が今回の明確な勝利に結びついたと思ってます。間違いなく強くなってます。
井岡選手は自分が高校現役時代から現役の選手です。
しかし、その井岡選手が今なお強くなっているという事実に驚きです。
今回倒した相手の上には、最早怪物しか残っていません。
でも、恐らくキャリア終盤に差し掛かっている彼がその怪物達に挑みたいと語る姿に、
同じ男として「かっこいい!」と心から言える存在だなと今日思いました。
井岡選手これからも頑張ってください